サイレントタイム




--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.20  石巻市で2人救助 意識あり


3月20日 17時48分
東北関東大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市で、地震発生から10日目の20日午後、
倒壊した建物で80歳ぐらいの女性と16歳の少年の2人が見つかり、救助されました。
警察によりますと、2人とも意識はあるということです。
宮城県警察本部によりますと、20日午後4時すぎ、宮城県石巻市門脇町で捜索活動をしていた警察官が、
倒壊した建物で80歳ぐらいの女性と16歳の少年の2人がいるのを見つけました。
2人は、警察官の呼びかけに答え、警察からの要請を受けた消防が2人を救助しました。
2人は、警察のヘリコプターにつり上げられ、石巻市にある石巻赤十字病院に運ばれました。
警察によりますと、2人とも意識はあり、このうち少年は体温が低い状態だということです。
石巻警察署によりますと、救助されたのは、
石巻市の阿部寿美さんと孫の阿部任さん(16)の2人だということです。
警察によりますと、孫の任さんが、屋根の上で助けを求めていたということです。
2人が見つかった現場は、旧北上川の川沿いの地域で、河口からおよそ1キロ上流の辺りです。
この地区は、今月11日の地震の際に津波で住宅が押し流されるなど、大きな被害が出ています。

岩手 避難所の赤ちゃんに風呂
3月19日 15時43分 映像
断水が続く岩手県山田町の避難所で、
地震のあと風呂に入れない赤ちゃんなどのためにドラム缶で沸かした風呂が用意されました。
岩手県山田町の沿岸部では、地震から9日目の19日も水道が復旧せず、断水が続いています。
避難所の1つ、県立山田高校では、
ボランティアで集まった地元の人たちが赤ちゃんや小さな子どもたちのために
体育館の一角でまきを使ってドラム缶でお湯を沸かしました。
赤ちゃんたちは、地震のあと風呂に入るのは初めてで、
お湯につかって母親に体を洗ってもらうと気持ちよさそうに目を細めていました。
生後7か月の娘を持つ母親は「娘はお尻が赤くなっていたので久しぶりにさっぱりできてよかったです」
と話していました。3歳の男の子の母親は「地震のストレスは、子どものほうが感じていると思うので、
お風呂でゆったりできて、ほっとしました」と安心した様子でした。

東北関東大震災 クリック募金 http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

東北地方太平洋沖地震の情報センター
Yahoo! JAPAN
47NEWS
NHKニュース


No.337 / 日記 // PageTop▲

プロフィール

***

Author:***
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。